ホーム>研究内容>標準医療IT基盤システムの研究開発

標準医療IT基盤システムの研究開発

■連絡先

東京大学医学部附属病院
最先端研究支援センター
FIRST支援室

〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-9041
FAX:03-5800-9042
E-mail:first-admin@umin.ac.jp





























診療情報活用と研究・臨床現場の連携を加速化する標準医療IT基盤システム
東京大学大学院医学系研究科医療情報経済学分野 教授 大江和彦


   診療における検査結果や処方などの治療内容に関するデータは電子カルテの導入が進むなかで医療機関ごとに電子的に蓄積されつつあり、近い将来に日本の半数以上の患者の診療データが各医療機関で電子的に蓄積されることは確実である。しかし現在の医療情報システムには、この貴重な臨床データを研究目的で効率よく安全に匿名化し、全国規模で標準化して収集・解析する基盤ソフトウエアが存在していない。そのため基礎研究や臨床研究の度に、ゼロからシステムを構築し、データを収集解析しており、極めて効率が悪い。そのため全国規模の薬剤副作用頻度解析や、治療成績の解析、疫学的大規模調査が困難な現状となっている。海外でも日常臨床のデータの電子化とその多施設集約化は国家プロジェクトとして進められつつあるが、いずれの国においても標準化したソフトウエア基盤としてその機能が提供されたシステムとして実現していない。
    本研究では、多施設での日常診療で蓄積される臨床情報、医事情報を匿名化・標準化された形で個々の患者の同意有無や同意範囲情報とともに収集でき、臨床データの大規模蓄積と同意の範囲内での安全な疫学的活用を実現するIT技術と基盤ソフトウエア群を開発し、それを利用した多施設データベースを公的保健統計から地域データなどを集約した地域医療資源データベースと併せて構築できる共通基盤を研究開発し社会に提供する。また、臨床・薬剤疫学的分析や医療経済的技術評価を行うためのソフトウエアを併せて開発し、これらの成果をクラウドコンピューティングサービスとしても提供するとともに、標準的な“臨床研究や疫学研究で使える基盤データベースとIT基盤技術”として社会に提供すること、また、これにより、循環器疾患やがんをターゲットとする多施設臨床データベースを極めて効率良く構築する基礎を確立することを目的としている。
    これにより、従来、数年の期間と数十から数百億円のコストをかけて行ってきた多施設臨床研究のためのデータベース構築が、極めて短期間に低コストで実現できる。薬剤の副作用情報もリアルタイムに集計できる基盤構築にも応用可能となるため、薬害の発生を早期に検出し、社会に警告を発することことにも貢献できる可能性がある。また、治療の費用対効果も迅速に解析できる基盤などに資することが期待される。

▲Page Top   

(c)FIRST Program, The University of Tokyo. All Rights Reserved